心珠区記

畠田心珠ともうします。書家。書道教室のことなどはホームページ h-shinju.com をご覧くださいませ。

書道とお手本と創造性

ご質問いただいたので、答えます。

読んで嫌な気持ちになる方がいらしたらごめんなさい。

ーーーーーーーーーーーーー

【質問】

書道をしている子どもたちは、お手本だけにこだわり、学校の部活や書道教室でもお手本だけを頑張って書いているように思います。なぜでしょう?

考えを聞かせてください。

ーーーーーーーーーーーーー

<1>わたしのお手本についての考え方

書において、「①お手本を見て忠実に書くこと(見る力)」と、「②創造性(その人自身の個性)」は、同じくらい重要なものだと思います。

個性を伸ばし育んでいきたいですが、ルールがあってこその書ですから「①お手本を見て忠実に書くこと(見る力)」は不可欠です。

指導する際には、まず「①お手本を見て忠実に書くこと」について説明をし、みなさんが書かれた作品から「②創造性」を読み取り、伝えていけるように心がけています。各々の創造性というのは、「個性的に書こう!」と思ったときに生まれるのではなく、「①お手本を見て忠実に書くこと」を目指し書いて生まれてくるものをこちらが読み取り、ともに育んでいくものだと思っています。

書を学んでいく過程でお一人お一人に、自分自身の創造性に気づいていただき、自信を持って書と向かい合うことができることがいちばん大切だと私は考えます。

 

「①お手本を見て忠実に書くこと」は、得意な人と苦手な人がいます。

得意な人(器用な人)は「見る力」があるがゆえに、書かれた字が手本と違うことに本人が気づいてしまいます。そのため、より「①お手本を見て忠実に書くこと」にこだわってしまいがちです。そのときに、その方が楽に書けるよう「②創造性」に気付き声がけをすることが大事だと思っています。

逆に、苦手な人はぱっと見は未熟に見えるけれど「②創造性」を強く感じるので、その部分を伸ばしながら作品の完成度アップを目指します。

 

<2>お手本重視の指導が多いわけ

ある程度の力がついてきたら、「①お手本を見て忠実に書くこと」を目指さず、自分自身で臨書したり、創作したりするのはとても大事なことです。ぜひ、挑戦してほしいと思います。

でも、もちろんレベルは下がります。好き勝手に書くことが創造ではありませんから、ほどよい軌道修正が必要です。指導者にも、力が求められます。

 

実際、「①お手本を見て忠実に書くこと」のみを評価基準にするのは、指導する際、とても楽なのです。手本を横に、「ここがちがう」「あそこがちがう」と指摘すると、とても先生らしいですし(笑)、「これが正解だ」というものがあれば、教えられる側も安心します。

また、「①お手本を見て忠実に書くこと」のみを書道だと思っている方も多くいらっしゃるように思います。そのように指導されてきたから、そういうものだと思ってしまう、しかたないことです。

 

お手本の先にある、「創作」の面白さや個性あふれるその人なりの「創造性」が本来の書の魅力であるべきだと思います。ただ、それは思った以上に難しく、評価の軸を定めることも容易ではありません。

反対に、コンクールの賞というのは軸がわかりやすい。生徒の作品が評価されてほしいから、お手本そっくりの字を書かせるのです。気持ちとしては本当にごもっともですし、「賞を取る」というのは先生にとっても生徒にとっても名誉なことで、学校や教室のためにもなるし、生徒の親御さんも安心します。賞はモチベーションになるし、書を続ける原動力にもなりえます。

(賞を目指して指導をして、実際に賞を取る生徒を育てるというのはかんたんなことではありません、一応補足)

 

ここは、私も非常に葛藤するところです。書が大好きで、一生懸命書いている子に、賞をとってほしい。でも、賞を目指すための書に力を注がせるのは、私の本来目指すところではないのです。でも、あの子が賞をとって喜んでいる顔が見たい!!…

 

更に範囲を広げると小学校書写は書道ではなく「書写」、ただしい字を書くことを目指しているので、さらに視点は「忠実に書く」寄りになります。指導する先生が「創造性」に気づくことができず、「お手本にそっくりか」のみで判断てしまうことはかんたんに想像できます。(このことは別で述べます)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が、回答に、なりましたでしょうか?

 

自分自身の思いと、書に求められているであろうことを考えると、いつもうまくまとまらないので、またなにか書きます。本読もう。

いつでも、何でも質問してください。

よろしくおねがいします。

畠田心珠

 

郵便受け

最近は郵便受けを見るのがとても楽しみです。

お送りくださっている皆様、ありがとうございます。

封筒の中に個性が詰まっていて、開けるのがいつも楽しいです。お会いできなくても感じられる個性が、私の心を暖かくしてくれます。

 

やりたいことは積もっていくのですが、なかなか思うように達成できないので、自分を甘やかすモードに入っています。適度に厳しく、適度に甘やかすことができれば一番良いのですが、適度は難しい。

適度ではあれ、持っている目標は達成したいと思うし、そのためにはそこそこのちからを注ぎ続けることが必要であるのです。頭ではわかってる、頭ではわかっていることばかり、本当はわかっているふりしてるだけでわかってないのだな。

 

アウトプットが少ないと、心がもやもやしてしまうので、短いけどアウトプット。

これが明けて、久しぶりにいろいろな方にお会いできたら、前よりも話す私になっているかもしれない。

とりいそぎこの先一ヶ月

どうすごそうか。

仕事柄、stay homeが可能なので、空を見るためのお散歩と最低限のお仕事以外はstay home する予定でいます。いえ、3月の学校の休校が決まったあたりから実際に稼働するお仕事が半分以下になったので、かれこれ一ヶ月くらい、予想しなかった非日常の中にいます。

今まで当たり前だった、いろいろな人に会えなくなること。ほんのちょっとした、ふとした会話ややりとりが、私にとってどれだけ大切なものだったか、それができなくなって改めて実感しています。「書作」に提出するために作品を並べ替えたり、郵送で送ってくださる作品を見ては、同じ文字だけど個性あふれる文字を見て、げんきかな、と思っています。

 

わたしの興味は、昔から実学的なものにあまり向かなくて、こんなときに役に立たない私であることよ、と嘆いても仕方がないけど。いろいろなことを決定する最前線や、医療現場にいらっしゃるみなさんに、敬意と、感謝を伝えたいです。一人体調を崩すことがご迷惑につながるとおもうので、元気でいよう。

 

<過ごし方案>

・英語をがっつりお勉強する

オンライン英会話をはじめました。毎日続けると発音が少し改善された気がして楽しい。字幕無しで英語の映画みるのが目標と、(たまに)豪語していますが、それは少し大きすぎる目標。もう一つの目標は英検準一級ということで、本を何冊か買いました。実は昨秋に漢検準一級に合格したので(←ここ自慢、へへ❤)、漢検一級か、忘れかけている中国語か迷ったけど、英検にしようと。

・映画を見る

映画、というものをあまりたくさん見てこなかったので、この機会に。アマゾンプライムNetflixで。しかし、家で見ると、手元で別のことをしたくなったり、よそ見したりが多くなるので、映画タイムをきちんと設けないとだ。

・本を読む

最近本読む量が減った、特にこの一年。スマホが一台あると仕事のメールもなんでもできてしまうので、移動時間も本読まなくなった。移動時間寝てるというのもある笑。本は今まで家で読むというよりも、移動中やすきま時間に読むってのが定着していたので、家で読むスタイルを定着させたい。

・自分は受験生だと思い込む

大学受験したのは15年前ですが(え、もうそんなに)、あのころは一日言えにいたわけだし、一日にやるべきことを決めて、それをこなしてから寝る、ってことにしよう。

篆刻と臨書

印はほる、書は、創作する気持ちにあんまりなれないから、臨書だけにしよう。九成宮かなー。

・散歩とジョギング

天気が良い日は外に出る。太陽を浴びる。最近夜寝つきが悪いので、規則正しい生活したい。

 

いじょうです。

お教室の皆様へ

いつもありがとうございます、

当たり前のように次があると思い、いつもどおりさようならをお伝えしてそのまま今日を迎えてしまいました。カルチャーセンターも含め、この日に再開、と今まではお伝えしていましたが、落ち着いたら再開 という言い方に変更させていただきたいと思います。

 

みなさまの日常に書があり続けてほしいなあという思い、ありますが、お仕事やご家庭の状況、様々かと思います。お時間のあるときに、少しでも筆に触れていただき、それが安らぎになれば嬉しいです。

 

その際、手本が必要であればお送りいたしますので、

お気軽にご連絡いただければと思います。メール→ hatakeda05@gmail.com

書いたものをお送りいただいている皆様には、手本をお送りいたします。

(私は時間ありますので、どうぞお気遣いなくお願いします。ほんとに…笑

どうぞよろしくお願いいたします。

畠田心珠

ないものねだりのないものねだり

・ゆったりとした空間

・流暢な英語と中国語

・ゆっくりとした運筆の作品

・隷書

・自作の詩、漢詩

・前もっての十分なプロモーション

SNSの上手な利用

・おうちに飾れるくらいの大きさの作品

・計画性

 

今回は半年前に決まった開催でしたが、今は、次に向かって制作を続けられたらいいなと思っています。

 

(苦手だと思っていたSNSだけど最近こわくなくなってきた)インスタで作品紹介をしております。恥ずかしいと思っている方が恥ずかしいんだ。

ちょっと色をかえるだけで雰囲気が変わるのもまた面白いなと、毎度楽しく投稿しております。

https://www.instagram.com/p/B94YhoyFffP/

hatakeda shinju on Instagram: “#畠田心珠書展 #ないものねだり #作品紹介 その4 宮沢賢治 星めぐりの歌 全体が星空みたいにならないかなあと思って書きました。 高校の国語でやった「永訣の朝」が好きだった。いつか「わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ」を書きたいな。 全紙6枚=半切12枚分です。…”

ないものねだりのお礼

2月頭に開催いたしました、

雛燕書展〜空で会いま書〜

畠田心珠書展ーないものねだりー

お越しくださった皆様、応援してくださった皆様ありがとうございました。

ホントならもっと早くお礼を投稿するべきだったのですが、とても遅くなりました。ごめんなさい。

https://www.instagram.com/p/B8MFTO0FfV2/

hatakeda shinju on Instagram: “ほんじつより #雛燕書展 #ひなつばくん #畠田心珠書展 #ないものねだり #東京芸術劇場 お越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。 わたしはたのしいです。 ひなつばくんをさがしてもらえたら、もっとうれしいです。”

いつかしたいなと思っていた個展がいまできたこと(2020ってなんだか覚えやすい)本当に良かったと思います。

グループ展のとなりでさせていただいたので、グループ展の方をがっつり手伝うこともできず、たくさん助けてもらいました。もし次、だれかがするなら、私全力で手伝う。

思いもよらないほど遠くから来てくださった方、お知り合いと一緒に来てくださった方、久しぶりにお話できた方、もう、あんなに寒い中足を運んでくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

ずっとあの場にいたいと思えたし、「またやりたい」と思えました。

私に何かできることがあるなら、やらなきゃ損だと思いました。前だけ向く。

 

ありがとうございました。

畠田心珠

第三回雛燕書展 と 畠田心珠書展

本年もよろしくお願い致します。


ーーーーーーーー
第三回雛燕書展 ー空で会いま書ー
畠田心珠書展ーないものねだりー

2010.2.5(水)~10(月)
東京芸術劇場
アトリエイーストとアトリエウエス
10:00~18:00(最終日16:00まで)
ーーーーーーーー

雛燕書展 というのは、
金子大蔵門下の有志によるグループ展です。
2012年に東京芸術劇場アトリエウエストにて初開催、今回で3回目になります。
12人の、個性豊かなメンバーによる、親しみやすい展示(になる予定)です。

そして今回は、向かいのアトリエイーストにて、畠田が個展をさせていただくことになりました。

寒い時期ですが、
お越しいただけると嬉しいです。とても。

畠田心珠